酵素ジュースの酵素は生きていない?

市販の酵素ジュースに隠された真実?

  • 「ファスティングしてみようかなと考えている」
  • 「美容や健康に酵素の必要性を感じている」
  • 「野菜ジュースの代わりになるものを探している」

色々な理由から酵素ジュースを探している時に気づいた事ですが、一つ注意しなければいけないことがあると知りました。

それは、”市販の酵素ジュースには、活きた酵素が含まれていないこと”です。

日本の法律では、酵素ジュースは清涼飲料水に分類される為、製造段階で加熱処理する必要があるそうです。

一般的な酵素は、50℃~60℃程度で死んでしまうそうです。

つまり、この加熱処理(殺菌)によって、酵素ジュースに含まれる酵素の大半は死滅(不活性状態)になってしまうのです。

酵素自体は、生き物のくくりではないですが、一度加熱処理で不活性になってしまうと、二度と活性化することはないらしいです。

つまり、活きた酵素を摂取することができない酵素ジュースなので、ヨーグルトを食べるような感覚で酵素ジュースを飲んでも、酵素ではなく、ただのブドウ糖飲料を飲んでいるような状態です。

それなら酵素サプリの方が良いのでは?

日本のメーカーが販売している酵素ジュースは、加熱処理される必要性がある以上、あまり意味が無いことを知り、別の方法が無いのか探してみました。

まずは、酵素サプリを試してみようかなと検討してみました。

もしくは、フリーズドライ製造のスーパーフードの粉末。これは、いわゆる青汁のようなものですが、原料の多くにスーパーフードが使われているもので、ドクターズチョイスにもこういう商品があったので、使っていた時期もありました。

青汁と言えば、ケールですが、それ自体の栄養価の高さは認めるとしても、それで本当にバランスよく栄養を吸収出来るのかと考えると微妙なところです。

様々な野菜が含まれていて、それでいて発酵されていて酵素も含まれる。

それなら、酵素ジュースより良かったりするかもしれませんが、液体のままのものと一度乾燥させたものだと、どのような違いがあるのでしょうか。

酵素サプリ+スーパーフードの酵素青汁

酵素サプリの中で探してみると、海外製で気になるものがあったのですが、その酵素サプリメントは、それぞれの酵素がどの位含まれているのか、しっかりと明記されています。

この辺の表記ルールも日本とは異なるようですね。

酵素は、三大栄養のように量が出るのか不思議だったのですが、実際に、そのサプリメントでは酵素の含有量が示されているので、把握しやすくて良いなと思ってます。

ちなみに、今まで、何年も海外製の粉末青汁であるドクターズチョイス製品を継続して飲んでいました。

それもただの青汁ではなく、20種類以上もの野菜や果実が含まれていて、それらをフリーズドライ製法で製品化しているものです。これ自体もすでにスーパーフード酵素に分類されるかもしれませんが、今は、新しくなり、スーパーフード中心の原料に変わっています。

日本製の青汁は、水の中にいれるといとも簡単に溶けてしまい、「サラサラで飲みやすい」なんてのを売りにしている印象ですが、その青汁は、中身が濃いので溶けません。それだけエキスが集約されている気がします。

少し飲みづらいですが、これをジュースかぬるめのお湯に溶かして、更に豆乳などで混ぜて毎日欠かさず飲んでいます。

時々改良が加えられたりと、こだわって品質改良しているところが気に入って続けていましたが、その結果、様々なスーパーフードを原材料として使用した酵素青汁に切り替えていくという事でした。

酵素サプリだけでも十分補えそうですが、さらに、スーパーフードの粉末タイプ。この二つをうまく組み合わせれば、これだけでも食生活が成立してしまいそうなので注意しなくてはなりません。

色んな要素が強い

  • 今注目のスーパーフードが複数入っている
  • 製造過程で発酵が加えられていて低温発酵してある
  • 日本の酵素ジュースのように加熱処理せずフリーズドライ製法

このスーパフード酵素飲料は、メインはもちろんスーパーフードですが、野菜ジュースとして、酵素ジュースとして、そして、青汁としても活用することが出来ると思うので、今まで様々取り組んできたなら、これに一元化することも出来ると思います。

また、あまりこの辺は詳しくないものの、健康の為にも良さそうの一つ始めてみたいと考えている人にとっても、とりあえずこれだけでも続けていれば大丈夫じゃないかと思えるような内容となっています。

今までの青汁を終了しこちらに切り替えていくということなので、それはそれで残念な部分もありますが、スーパーフードの栄養価の高さと酵素を摂取する必要性を感じているなら、試してみる価値は十分にあると思います。

関連ページ

MENU