スロージューサーの使用が向かない果物

柑橘系は目詰まりしやすい

スロージューサーを使い始めてから様々な食材を試してきたのですが、意外と向かない果物がある事に気づきました。

それは、柑橘系の果物です。

オレンジやみかん、レモン、グレープフルーツなどですが、これらを作る時にスロージューサーを使うと目詰まりがひどいです。笑

もちろん、スロージューサーを使うとブレンダーのように苦味がないおいしいジュースが飲めるのですが、柑橘類特有の繊維質がステンレスのアミ目に詰まりやすく、果汁が出口まで下りてくるのに時間がかかります。

まあ、時間がかかるだけでちゃんとジュースにはなるので、そこが我慢できるなら、特に問題では無いかなと思います。

これは、実際に使ってみるまでわからなかった事ですが、意外と果物には向かないなと思いました。

キウイやイチゴも試してみましたが、果肉と水分が一体化していて、スロージューサーを使ってもペースト状になるだけなので、こちらもあまりオススメしません。

果物の中では、パイナップルは、ぎりぎりジュースにしやすい側です。

まだ試していないものだとスイカなら大丈夫かなと思いますが、これは、そもそも野菜という分類になるので、果物について語るページに記載して良いのか微妙ですが、実がほぐれやすく水分が出やすいとスロージューサー向きだなという事がわかりました。

こういう柑橘類でジュースを作る場合は、ハンドジューサーの方が作りやすいなと思いました。

関連ページ

MENU