スーパーフードに頼りすぎずサプリも活用

体の材料となる栄養も忘れずに

いくらスーパーフードが栄養豊富だとしても、健康維持のすべての要素にバランスが取れているとは限りません。特に動物性の食品から摂取すべき栄養に関しては、やはり、肉類などの方が最適だったりします。

その一つとして、コラーゲンなど体の材料となるもの、軟骨の成分としても必要なものがあるように感じます。

コラーゲンは、体を構成するタンパク質のおよそ30%もの割合となる物質でその内訳として、4割が皮膚、2割が骨や軟骨にあるそうです。他にも各種臓器に広く分布されて、体を構成する要素となっています。

もしも、スーパーフード中心の食生活を心がけて健康を保てたとしても、反面、皮膚や関節が弱ってきたと感じているのであれば、コラーゲン不足も考えられます。

私もその辺が気になるので、対策として関節痛のサプリメントを摂取するように心がけています。

話の内容からその必要性とマッチするとは思いますが、関節痛に有効な成分というのは、結局は、軟骨にとって必要な成分が中心となり、内容は、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなどになります。

なので、これらをバランス良く且つ品質の良い材料を使っているものであれば、スーパーフードと併用して続けてみる価値があるのではないでしょうか。

関連ページ

MENU